『崇拝者』ネタバレ

以下ネタバレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- クリーチャー
- シャッガイからの昆虫(シャン)
- 目的
- アザトースを招来し地球を破壊してもらい、大気を失わせた後、別の居住地へ自分たちを移送(ワープ)すること。

- 大量にいる。
- アザトースを崇拝している。
- 崇拝は儀式と拷問によって行われる。
- 光合成する。
- 拷問を楽しむ。
- 地球の大気の成分によって、移送できなくなった。また長距離を飛行できなくなった。
- 人間と意思疎通できる?

- シャンの巨大個体
- 目的
- 隠し部屋に幽閉した偉大なる植物を監視すること。また侵入者を排除すること。

- シャンの中でもひときわ巨大な個体。

- ザイクロトルからの怪物(ザイクロトラン)
- 目的
- 偉大なる植物を崇拝すること。
- シャンによって幽閉されている偉大なる植物を救出すること。

- 本来はザイクロトル星に生息するクリーチャー。しかしシャンによってザイクロトル星が滅ぼされ、シャンの奴隷となってしまった。
- シャンの奴隷でいることは本意ではないが、偉大なる植物が幽閉されてしまっているためやむを得ずシャンに従っている。
- 樹木のようなクリーチャー。金属質で灰色の表皮を持つ。身長2m、体重100kgほど。
- 偉大なる植物と根がつながっている。
- 神殿の周りを見張っており、神殿から逃げ出そうとする探索者を攻撃する。神殿の内部では死体運びなど様々な雑用をこなしている。

- ザイクロトルの戦士
- 目的
- 偉大なる植物を崇拝すること。
- シャンによって幽閉されている偉大なる植物を救出すること。

- 本来はザイクロトル星に生息するクリーチャー。しかしシャンによってザイクロトル星が滅ぼされ、シャンの奴隷となってしまった。
- シャンの奴隷でいることは本意ではないが、偉大なる植物が幽閉されてしまっているためやむを得ずシャンに従っている。
- 身長3m、体重300kgほどの巨躯。右腕が異様に大きく発達しており、金属質の枝が集まって巨大な槌のようになっている。人間程度ならば一撃で粉砕できる。
- 偉大なる植物と根がつながっている。
- 神殿の内部を徘徊し、探索者に恐怖を与えるようシャンから命令を受けている。

- 偉大なる植物
- 目的
- 強い日光に当たり回復すること。
- ザイクロトランと共に新たな居住地へ向かうこと。

- ザイクロトル星において、ザイクロトランから崇拝されていた。
- ザイクロトル星にシャンが攻め寄せた際、シャン程度であれば簡単に追い返すだけの魔力を持っていたが、突如現れたニャルラトテップに敗れた。
- いまは祭祀場の地下室に幽閉されており、シャンの巨大個体に監視されている。
- いまは力を失っており、高さ10cmほどの苗木の姿をしている。
- 日光に十分に当たり力を取り戻すと、強大な魔力を得、姿を変えたり、テレパシーを使ったり、様々な魔法を扱えるようになる。
- ザイクロトラン、ザイクロトルの戦士と根がつながっている。

- アザトー
- 冒涜的で宇宙的な何か。
- シャンが復活させようとしており、復活してしまえば人類は滅亡する。

- ニャルラトテップ
- 目的
- アザトースに仕えており、主にメッセンジャーの役割を務めている。
- しかしその実、アザトースを崇拝しているわけはなくむしろ軽蔑している。退屈しのぎくらいにはなるだろうという理由で、気まぐれに仕えているに過ぎない。
- 享楽的で一貫性が無く、自分の興味の赴くままに過ごす。

- 偉大なる植物をも凌駕する強大な魔力を持つ。
- シャンがアザトースを崇拝していることへの褒美として、シャンが生贄としての人間を集めやすいよう《門の創造》を使い、人間の居住地とシャンの神殿をつないであげた。なおこれは、シャンは大気の影響で長距離飛行ができないことも理由の一つ。
- 神殿に迷い込んだ相良サクラの潜在的な魔力を見抜き、興味本位で彼女に憑依している。相良サクラの美しさもあり、依代として気に入っている。
- 人間の前に現れるときは黒い男の姿をしている。容姿や声などは中性的で妖しい魅力を放っている。

- NPC
- 相良サスケ
- 目的
- 行方不明となってしまった妹、相良サクラを見つけること。

- 18~30歳。探索者に合わせて変更する。
- 探索者(の一部)とは親交がある。
- 先祖代々、冒涜的な事件を扱ってきた逢魔人の家系。
- 霊的な力を持つ。

- 相良サクラ
- 目的
- 見知らぬ神殿から帰還すること。

- 相良サスケの年齢次第。
- 探索者(の一部)とは親交がある。
- 霊的な力を持ち、潜在的には兄の相良サスケを上回っている。
- ニャルラトテップに憑依された。

- 呪文
- 門の観察
- 門の創造
- 門の発見
- 窓の創造 p284
- アザトースの招来
- 犠牲者を魅了する p255
- 支配 p259
- シャンを追い出すp259
- 精神的従属 p266
- 霊の識別 p292
- リーチ p292
- 夢を送る p291
- モートランのガラスの製造 p289
- 魅惑 p288
- 門の箱に魔力を付与する p287
- 笛に魔力を付与する p286
- 忠告の注入 272
- 敵の拘束 273

// 展開 //
- 時代は現代。BGM: Introductionーレクイエム

- 探索者たち、相良サスケ、相良サクラは幼馴染。

- 相良家は逢魔人の一族。冒涜的な者たちに対する知識を持ち、不思議な力を持つ。

- あるとき探索者たちは、相良サスケから、家に招待され、相良サスケと相良サクラと共に歓談していた。BGM: ペンション・ブラウニー
- 相良サクラは、潜在的に相良サスケを大きく上回る力を持っている。
- 相良サクラは、
- 相良サクラとこれからも仲良くしてほしい。

- 相良サスケは、お守りとして探索者たち一人ひとりに「勾玉」を手渡す。
- 「勾玉」
- SANチェックの際に任意で使用できる。SAN減少量を0にできる。
- ダメージを受けた際に任意で使用できる。ダメージを0にできる。
- 使用する度に、勾玉が力を失うかどうかの判定1D100。
- 使用1回目:50以下で存続。
- 使用2回目:必ず力を失う。

- 探索者同士で譲り合って使用できる。

- 相良サスケは一時外出。

- ニャルラトテップにより、相良家に《門の創造》が発動され、探索者たちと相良サクラはシャンの祭祀場そばの森に移送されてしまう。BGM: 危機
- 探索者たちは、薄れ行く意識の中、視界の端に相良サスケが飛び込んできて、何かを念じているのを見る。
- 相良サスケの念により、探索者たちはSAN値に+2のボーナスを得る。

- シャンに寄生される探索者を決定するため、GMはダイスロールを行なう。
- ここで選ばれた探索者は、シャンの祭祀場そばの森の、日光の差さない暗いところに移送される。
- 他の者は日光の差すところに移送される。

- 探索者たちはシャンの祭祀場そばの、深い森で目を覚ます。BGM: 思案
- 目を覚ます探索者はGMがダイスロールして決定する。
- 目を覚ました探索者は《門の創造》を受けSANチェック(1D2 / 1D6)。
- 目を覚ました探索者は、近い範囲を捜索し、他の探索者を順次目覚めさせていく。都度SANチェック(1D2 / 1D6)。
- 相良サクラは見当たらない。
- 強制<聞き耳>をダイスロールし、成功すると、シャンに寄生された探索者の声の節々に、虫の鳴き声のような奇妙な雑音を聞き取れる。それをシャン寄生探索者自身が自覚したとき、その探索者はSANチェック(1D2 / 1D4)。BGM: 動揺

- 探索者たちは、周囲に、灰色の金属質な樹皮の奇妙な樹(ザイクロトラン)が大量に生えていることに気づく。それらの樹々は、探索者たちを誘うかのようにある方向への道を形作っている。BGM: 思案

- 樹に近づくと、ザイクロトランが探索者の首に組みつき(不意打ちなので自動成功)してくる。
- 目撃した全員がSANチェック(1D2 / 1D6)。
- ザイクロトランステータス
- STR25。
- 装甲:5くらい(攻撃が少し通るくらい)。

- 窒息
- ザイクロトランのSTRと探索者のCONで対抗ロール。ダメージ(0 / 2)

- 一定ターン経過で、組み付いた探索者を解放&地面に吸い込まれるように撤退。

- 探索者たちは、ザイクロトランたちによって形成された道を進む。
- 道を外れようとすると、ザイクロトランたちが襲ってきて戦闘となる。SANチェック(1D2 / 1D6)BGM: 警鐘
- ザイクロトランは無限に現れるため、探索者たちは逃げるしかない。
- ザイクロトランにダメージを与えると「金属質の樹皮」を入手できる。
- <地質学><薬学><生物学>に成功すると、「金属質の樹皮」を肥料とすることで、植物を急速に成長させられることがわかる。

- 探索者たちは道の先に、石造りの廃墟のような建物(シャンの祭祀場)を発見する。BGM: 緊張
- 一見しただけでは、森に阻まれ建物の大きさはわからない。
- <ナビゲート>に成功すれば、または<登攀>で樹に登れば、100m x 100mほどの矩形の建物であること、20mほどの高さがあることがわかる。

- シャンの祭祀場の外壁に<目星>を成功させると、壁を登れそうな箇所があることがわかる。
- <登攀>に成功すると、祭祀場の屋上へ登れる。

- シャンの祭祀場の入口らしき扉を見つける。
- 扉には、文字のような謎の図形(シャン文字)が刻まれている。
- シャンに寄生された探索者だけはシャン文字を解読できる。非常に気分が悪くなり、SANチェック(1 / 1D2)。
- 「ようこそ祭祀場へ」

- 以降シャン寄生の探索者は、精神がシャンの性向に影響され、たびたび名状しがい行動や冒涜的な行動を取りたい衝動に駆られる。POW * 5で判定し、成功すれば衝動を抑えられるが、失敗すると衝動的に行動してしまう。例えば次のような行動。
- 拷問(SANチェック本人:1D2 / 1D4,目撃者:1 / 1D2)。
- 死体を貪る(SANチェック本人:1D2 / 1D4,目撃者:1 / 1D2)。
- 日光の中に出たくない(出ることは可能だがSANチェック 1 / 1D2)。

- シャンの祭祀場へ入る。

- ホール BGM: 緊張
- 描写
- 壁も床も石造り。
- 壁や床にあるろうそくの灯りしかなく、薄暗い。
- 天井はとても高く、暗くて見えない。
- 明確に血のにおいがする。
- 十分に広い(100m x 100mほど)。
- 中央に、1mほどの高さまで何か(死体)が積まれている。
- 他の部屋へのつながりは、外周に沿って探索しないとわからない。

- 死体置き場 BGM: 暗影
- 認識してしまうとSANチェック(1D2 / 1D4)。
- <目星>に成功すると、周辺の石畳に、シャン文字で「牢屋」と刻まれていることに気づく。
- <目星><生物学><博物学><物理学><医学>などに成功すると、「血が周りに流れておらず、おかしい」ことに気付ける。
- 死体をどかすと、地下室への扉が見つかる。どかす作業でSANチェック(1 / 1D2)。

- 地下室への扉
- シャン文字で「4つ」と刻まれている。
- 4つとは「ゲールマンの帽子」「アイリーンの髪飾り」「ヨセフカの杖」「人形の指」のこと。これらを持っていると地下室への扉が開く。

- NPCザイクロトランの戦士 BGM: 警鐘
- GMの判断で、探索者たちと遭遇させる。

- 遭遇時はSANチェック
- 初回遭遇時は(1D2 / 1D6)
- 以降遭遇時は(1 / 1D2)

- 描写
- 石畳の隙間から金属質の根が湧き出し、巨大な灰色の人型を形作った。
- 森で目にした灰色の樹よりも一層硬質な樹皮で覆われているように見える。
- 特に右腕は異様に巨大化し、人間程度であれば簡単に粉砕できてしまうであろうことが見てとれる。

- 装甲が厚く、ダメージはほぼ通らない。攻撃した探索者は、あまりに硬く手応えがないことを認識できる。

- 一定ターンが経過したら、GMの判断でザイクロトランの戦士は撤退する。

- 探索者たちのタイミングが合うと(ダイスロールで判定でもよい)、ザイクロトランの戦士が、ゲールマン、アイリーン、ヨセフカ、人形のうち、死んだ者の死体を死体置き場に運んでいるところを目撃する。SANチェック(1 / 1D2)

- 老紳士ゲールマンの部屋 BGM: 疑惑
- 入口の扉には、シャン文字で「ゲールマン」と刻まれている。それを読めてしまったシャン寄生の探索者は、気分が悪くなりSANチェック(1 / 1D2)。

- 描写
- 10m x 10mほどの広さ。
- たくさんの本棚が並んでおり、本が詰まっている。
- 中央にアンティーク調の椅子があり、質の良い燕尾服を着た老紳士が腰掛けている。頭には帽子をかぶり、眼鏡をかけ、整ったひげをたくわえている。しかしその顔に生気はなく、虚ろな眼をしている。

- ゲールマンの言葉
- 「私は機械に憧れている。私の望みは、機械の中で死ぬこと」
- 「ありがとう。お礼にこの帽子をあげよう」。

- 本棚
- 植物図鑑があり、劇毒をもつ植物のことがわかる。
- 機械修理についての書物があり、<機械修理>50を習得できる。
- 登攀についての書物があり、<登攀>50を習得できる。

- ゲールマンの死
- 帽子を残し、人形の部屋にある歯車に自ら巻き込まれ死ぬ。
- SANチェック(1D2 / 1D4)。

- 少女アイリーンの部屋 BGM: 疑惑
- 入口の扉には、シャン文字で「アイリーン」と刻まれている。それを読めてしまったシャン寄生の探索者は、気分が悪くなりSANチェック(1 / 1D2)。

- 描写
- 10m x 10mほどの広さ。
- 女の子が好みそうな家具が並んでいる。
- 中央に小ぢんまりとした椅子があり、かわいらしい少女が座っている。頭には髪飾りを付け、流れるような黒髪で、清楚なワンピースを着ている。しかしその顔に生気はなく、虚ろな眼をしている。

- アイリーンの言葉
- 「わたしは毒に憧れている。毒を飲んで死にたいわ」
- 「ありがとう。お礼にこの髪飾りをあげるわ」

- アイリーンの死
- 髪飾りを残し、ヨセフカの部屋で得た劇薬を飲み死ぬ。
- SANチェック(1D2 / 1D4)。


- 老婆ヨセフカの部屋 BGM: 疑惑
- 入口の扉には、シャン文字で「ヨセフカ」と刻まれている。それを読めてしまったシャン寄生の探索者は、気分が悪くなりSANチェック(1 / 1D2)。

- 描写
- 10m x 10mほどの広さ。
- 使い古された家具が多い。また、枯れた植物に埋もれたプランターが並んでいる。
- 中央に車椅子があり、年老いた老婆が眠るように座っている。白髪で、暖かそうな肩掛けをしており、片手には杖を、もう片手には銃を握っている。しかしその顔に生気はなく、虚ろな眼をしている。

- ヨセフカの言葉
- 「私は銃に憧れている。銃に撃たれて死にたいわ」
- 「ありがとう。お礼にこの杖をあげるわ」

- プランター
- 5つあり、それぞれ異なる植物が枯れた状態にある。
- うち1つが劇毒をもつ植物。
- 劇毒をもつ植物を判別するためには、ゲールマンの部屋の本棚で<図書館>を成功させるか、枯れた植物について<生物学><薬学><博物学>を成功させる必要がある。
- 「金属質の樹皮」を土に埋めると、たちまちに植物が生育し、劇毒が手に入る。

- ヨセフカの銃
- 状態は良好。
- 弾丸が装填されていない。

- ヨセフカの死
- 杖を残し、探索者によって、ヨセフカの銃で撃ち殺される。
- SANチェック(1D2 / 1D4)。

- 人形の部屋 BGM: 疑惑
- 入口の扉には、シャン文字で「人形」と刻まれている。それを読めてしまったシャン寄生の探索者は、気分が悪くなりSANチェック(1 / 1D2)。
- <聞き耳> 機械音が聞こえる。

- 描写
- 10m x 10mほどの広さ。
- 壁に沿って、大きな歯車が連なって置かれている。動力は生きており、状態は悪くなさそうだが、かみ合わせが悪いのか、回転していない。
- 中央に無機質な椅子があり、若く美しい女性が座っているように見える。灰色の髪で、肌は透き通るように白く、黒い衣服をまとっていて、儚げな雰囲気である。しかし近づくと、目元や口元、指の関節などに隙間があり、それが人間でなく人形であるとわかる。
- しかし人形でありながら自律して思考、行動、会話ができる。探索者がそれを認識した際にSANチェック(1 / 1D2)。

- 人形の言葉
- 「わたしは高いところに憧れている。飛び降りて死にたいわ」
- 「ありがとう。この指をあげるわ」

- 歯車
- <目星>に成功すると、かみ合わせが悪い部分に何かが詰まっていることがわかる。
- <物理学><電子修理><機械修理><重機械操作>などに成功すると、歯車に詰まっている「装飾された銀製の何か(銃弾)」を取り除くことができる。
- 「装飾された銀製の何か」は<博物学><拳銃>などに成功すると、それが「銀の銃弾」であるとわかる。

- 銃弾
- 「ヨセフカの銃」に装填できる。

- 人形の死
- シャンの祭祀場の屋上へ連れて行くと、指を残し、自ら飛び降りてバラバラとなり、動かなくなる。
- SANチェック(1D2 / 1D4)。

- 地下室 BGM: 暗影
- 「ゲールマンの帽子」「少女の髪飾り」「ヨセフカの杖」「人形の指」を持っていると、地下室への扉が開く。

- 描写
- 血まみれの梯子を下り通路を進んでいくと、小さな祭壇があり、灰色の苗木が置かれている。
- <オカルト>に成功すると、苗木からぬくもりを感じ取ることができ、苗木が何か善良な存在であることが直感される。

- 「灰色の苗木」を入手する。
- 「灰色の苗木」を入手すると、長さ4m、高さ2mほどもある巨大な昆虫(シャンの巨大個体)が現れ襲い掛かってくる。戦闘となる。SANチェック(1D2 / 1D6)BGM: 警鐘
- 触手、複眼、羽など、とても不気味な姿。
- シャンの巨大個体は圧倒的に強く、また装甲によってダメージは通らず、探索者たちは歯が立たない。
- 探索者たちが窮地に追い込まれたら、GMの判断でザイクロトルの戦士を参戦させる。絶望感のためSANチェック(1D2 / 1D4)。
- ザイクロトルの戦士は、なぜか探索者たちをシャンの巨大個体から守り、シャンの巨大個体を攻撃する。
- シャンの巨大個体は一定のダメージを受けると撤退する。ザイクロトルの戦士も撤退する。

- 戦闘後、強制的に<聞き耳>をダイスロールする。成功すると、巨大な昆虫の鳴き声と、シャン寄生の探索者から時折発せられる声がよく似ていることがわかる。BGM: 動揺

- 祭壇の部屋 BGM:不可思議
- 入口の扉には、シャン文字で「祭壇」と刻まれている。

- 描写
- その部屋の天井は高く、上の方は暗くてよく見えない。祭壇にはろうそくが灯り、わずかに神々しさを感じる。

- 祭壇には、シャン文字で「諦めし者よ、抗う者よ、等しくひざまづけ」と刻まれている。

- 探索者たち全員がひざまづくと、ラストパートに突入。

- ラストパート BGM: ひとつの推理
- ベストルート
- 条件
- 「灰色の苗木」を持っている。

- 祭壇上に、相良サクラ(ニャルラトテップ憑依)が現れる。SANチェック(1 / 1D2)

- 描写
- 「やあ」
- 姿は相良サクラだったが、その声や立ち居振る舞いは別人であった。少女のようでもあり、壮年の男のようでもあり、中性的で、妖しい魅力を放っている。
- 「よくここまでがんばりましたね。その狂気に感謝し、元いた場所へ帰してあげましょう」
- 《門の創造》を唱え、門が現れる。
- 「この美しい娘は冒涜的な力を持ち、すばらしい依り代です。しばらくお借りしたい」
- 「どうしてもこの娘を返せというのですね。であれば、あなた方のうち一人を、替わりの依り代としてください。そうですね…精神力、知性、魅力に溢れた方を希望します」
- POW, INT, APPが一定値以上であれば依り代として認められる。
- ノーマルルートへ

- 拒否すると「話になりませんね。もう興味が尽きました」BGM: 危機
- 門を閉じてしまう。
- シャンの巨大個体が現れ、戦闘となる。SANチェック(初見:1D2 / 1D6, 二回目以降: 1 / 1D2)。
- 一定ターンが経過すると、大量のシャンが出現する。同時に、大量のザイクロトラン及びザイクロトルの戦士が出現する。絶望感によりSANチェック(1D4 / 1D8)。
- ところが、ザイクロトラン及びザイクロトルの戦士は探索者たちに加勢する。
- ニャルラトテップ「おや、まさか苗木を…面白いことになりましたね。私も見物することとします」
- 相良サクラへの憑依が解除される。相良サクラは祭壇に倒れ込む。
- ザイクロトルの戦士の一撃により、シャンの巨大個体の装甲が失われる。
- GMの判断で、相良サクラの意識が戻る。
- 聞き慣れた声が聞こえる。
- 相良サクラは苦痛と闘いながら《門の創造》を詠唱する。
- ニャルラトテップ「なんと!私の魔法を学びとったのですか。すばらしい」
- 相良サクラのそばに探索者が位置していれば、相良サクラをかばうことができる。
- ザイクロトランの間をくぐり抜けたシャンが相良サクラに襲い掛かかる。
- 相良サクラがダメージを受けると詠唱が中断する。
- 詠唱が一定ターンなされると、詠唱が完了し門が再び開く。
- シャンの巨大個体を倒す、または相良サクラを連れて門を通ろうとすると、シャンの巨大個体が最後のあがきで、自爆のため身体を膨らませる。
- 突然、苗木から温かさを感じられ、急速に成長、相良サクラと探索者たちを優しく包む。
- 探索者たち、相良サクラ、灰の苗木が門を通り帰還する。SANチェック(1 / 1D2)。
- 相良サスケが迎える。「灰の苗木」は元の姿に戻っている。BGM: 追憶
- しばらく歓談。
- 「灰の苗木」が突然成長し、目にも留まらぬ速さでシャン寄生の探索者に絡みつく。 BGM: 警鐘
- 寄生していたシャンを取り出し、消滅させてくれる。
- 相良サスケ「悪いやつではなさそうだ」
- 探索者たちは各々、普段の生活に戻っていった。BGM: 団欒
- END

- ノーマルルート
- 条件
- 「ゲールマンの帽子」「アイリーンの髪飾り」「ヨセフカの杖」「人形の指」のうち、2つ以上を持っている。

- 祭壇上に、相良サクラ(ニャルラトテップ憑依)が現れる。SANチェック(1 / 1D2)。

- 描写
- 姿は相良サクラだったが、その声や立ち居振る舞いは別人であった。少女のようでもあり、壮年の男のようでもあり、中性的で、妖しい魅力を放っている。
- 「よくここまでがんばりましたね。その狂気に感謝し、元いた場所へ帰してあげましょう」
- 《門の創造》を唱え、門が現れる。
- 「この美しい娘は冒涜的な力を持ち、すばらしい依り代です。しばらくお借りしたい」
- 「どうしてもこの娘を返せというのですね。であれば、あなた方のうち一人を、替わりの依り代としてください」
- POW, INT, APPが一定値以上であれば依り代として認められる。
- 新たな依り代となった探索者を残し、門を通り帰還。

- 「話になりませんね。もう興味が尽きました」BGM: 危機
- 門を閉じてしまう。
- シャンの巨大個体が現れ、戦闘となる。
- 一定ターンが経過すると、GMの判断で、相良サクラの意識が戻る。
- 相良サクラは苦痛と闘いながら《門の創造》を詠唱する。
- さらに一定ターンが経過すると、詠唱が完了し門が再び開く。
- シャンの巨大個体の猛攻に押され、探索者たちは、相良サクラを残して、門から帰還せざるを得ない。
- 門に飛び込んだ探索者たちは気絶する(1 / 1D2)。
- 探索者たちが目を覚ますと、そこは元いた相良宅だった。BGM: 慟哭
- 相良サスケが慌てた様子で声をかけてくる「大丈夫か」
- 「すまない、まさかこんなことが起こるなんて」
- 「サクラはどうした?」
- 「そうか…」
- シャン寄生の探索者の声に、雑音が混ざっていることに気づく BGM: 動揺。
- END

- バッドルート
- 条件
- 「ゲールマンの帽子」「アイリーンの髪飾り」「ヨセフカの杖」「人形の指」のいずれも持っていない。

- どこからともなく聞こえる「役立たずめ」(ニャルラトテップ)の声と共に、シャンが大量に湧き出し、為す術なく終了。BGM: 暗影
- END


- tips
- 無人島ならインターネット無し。
- 「シャンに操られている」のではなく「シャンに進んで協力するよう洗脳されている」。なのでシャンを追い出しても直後は洗脳されたまま。きっかけが必要。
- シャンのボスはどんなやつ?
- ザイクロトルからの怪物のボスはどんなやつ?
- 灰色神殿にいる人間はどんなやつ?
- シャン用警報。
- ザイクロトランに指示するシャンを目撃する。
- 図書室。シャンの書籍を翻訳していた骸骨。猟銃。
- ザイクロトランの培養室
- 偉大なる植物はどう助けるか。
- シャンの弱点は?光合成?地球の大気?
- 食料室
- 宝物庫
- 女王室
- 牢屋
- 礼拝堂
- 居室
- 大気


-

『崇拝者』

形式

  • discord ボイスチャンネル
  • どどんとふ
    • ルームNo.44
    • ルーム名:ikayoro
    • パスワード:ikayoro
    • BGM再生に使います。 フラッシュです。

ルールブック

ハウスルール

  • 職業による取得技能の縛りは無しとします。

  • 職業ポイントと興味ポイントを技能に割り振る際、下記条件を満たすこと。

    • 条件1:<回避>には割り振らない。
    • 条件2:<ほかの言語(英語)>を習得済みとする。初期値は (EDU * 3) とする。

シナリオ概要

  • 現代
  • 日本(だけどあまり関係ないです)
  • プレイヤー3~5人
  • 所要時間4時間くらい
  • 古来冒涜的な存在と対峠してきた逢魔人(おうまがひと)の一族。そんな逢魔人のある兄妹と、探索者たちは幼馴染であった。ある日探索者たちは、兄妹から「久しぶりに話でも」と誘われ、楽しい時間を過ごしていた。しかし…
  • 幼馴染という設定のため、探索者たちの年齢帯を揃えていただけると助かります。

推奨技能

  • 探索系:<目星>,<聞き耳>など
  • 知識系:<精神分析>,<◯◯学>など

参考